定年からの株式用語

始めよう定年からの株式勉強では、難しい言葉はありません。 いざ株取引を始めようと思っても、チンプンカンプンな難しい言葉が並んでいると そこで挫折しそうになります。 そうならないためにも、始めよう定年からの株式勉強では株取引はこうすれば勝てるんだ! という感じになるように、やる気の出る株式用語を用意しました。 どうぞゆっくりご覧になりやる気満々になってください。

株式用語さ行

株式用語〜

指値注文(さしねちゅうもん)

買い、売りの値段を決めて注文すること
指定の値段で注文しても株価の値動きで売買が成立しないこともあります。

ザラ場(ざらば)

取引時間のこと
取引時間のことで立会時間ともいいます。

地合い(じあい)

相場の状態のこと
最近ではあまり使われなくなった言葉です。相場の状態や様子を表すときに使います。

塩漬け(しおづけ)

持ち株が売れない状態
買った株が下がり売りたくても売れない状態です。きっと上がると思って売り切れない人に多く見られます。

しこり玉(しこりぎょく)

〜市場や投資家が持っている損がある株
上がると思って買ったら下がった、下がると思って売ったら上がって損をしている株にこと。

下値(したね)

現在の株価より下の値段
下げ続けている株価も止まりそうな値段がなんとなくわかります。下値は買いのチャンスでもあります。 しかし、下値をさらに下がると暴落することがあります。

確り(しっかり)

全体が下がっても下がらないこと
下がらないので上がる期待が持てること。下げに強い銘柄はいったん上がりだすと大きく上がる可能性があります。

仕手(して)

意図的に株価を操作する人やグループ 大量の資金を使い株価を2倍3倍として利益を得る人やグループ。そのような非合法な行為が存在することも認識されています。

自動売買(じどうばいばい)

証券会社のコンピュ−タが自動で売買すること
売る値段、買う値段を事前に注文を出しておくことで株価を見れないときでも買うタイミングや売るタイミングを逃さずに済みます。

写真相場(しゃしんそうば)

どれも同じような動きをすること
違う業種に企業が同じように株価が連動して上下すること。よくアメリカが下がれば日本も下がるということがありました。

順張り(じゅんばり)

株価があがしだしたら買って、下がりだしたら売ること
逆張りと反対で、株価の動き人気に合わせて株の取引を行うこと。逆張りと順張りどちらが良いとは言えないので自分のスタイルで行うとよいでしょう。

証券コード(しょうけんこーど)

〜銘柄に付けられた番号
日本の上場株式は銘柄を識別するために4桁の数字が決められています。

信用取引(しんようとりひき)

保証金を入れ資金を借りて売買すること 担保として現金、株券、社債などを入れ売買のための現金あるいは株券をかりて取り引きを行うこと。 一定の条件で金利発生するので認識しておく必要があります。

スクリーニング(すくりーにんぐ)

特定の基準をつくり選別をすること
東証1部、株価500円以下、配当利回り1%以上など自分の好きな基準をつくりお目当ての銘柄を見つけることです。

ストップ高・ストップ安(すとっぷだか・すとっぷやす)

株価に制限された変動幅
市場の混乱や過剰な売買を防止するためのもので、株価によって制限幅が決まっています。

節分天井(せつぶんてんじょう)

〜年始めに高くなり2月頃に天井になることが多いこと
昔から言われている言葉で、必ず2月に高値になるわけではありませんが2月に高値になりそれから下がることが多いみたいです。

線香花火(せんこうはなび)

あまり上下しない相場
線香花火のように派手さがないため投資家にはあまり好まれません。株価がどんどん上がっていくことを打ち上げ花火といいます。

前場(ぜんば)

午前中の取引
午前9時から11時まで証券取引所における取引です。1日取引がありそうですがお昼休みがあるんですね!

前引け(まえひけ)

午前中の最後に付いた値段
今日の東京市場午前の終値13,000円など、よくお昼のニュースでよく聞くことがありませんか。

相場師(そうばし)

相場の利益で生活している人
野村證券を創立した野村徳七も相場師でした。最近ではトレーダーと呼ぶのが一般的です。

底入れ(そこいれ)

〜株価下がりが止まること
もう下がらないだろう思っていても、まだまだ下がると思う人もいるので、ここが底だと感じるのは人それぞれです。

底堅い(そこがたい)

株価が下がりそうで下がらない
下がりそうで下がらない銘柄は、市場に左右されないしっかりしたものを持っていることがあるので上がりだすと大きく値上がりすることが期待できることもあります。

損切り(そんぎり)

〜損を覚悟で持ち株を売ること
できそうでなかなかできないのが損切り。下がってもまた上がると期待してそのまま下がり続けて大きな損になることが多くあります。




株取引に慣れよう

いざ株取引を始めようと思ってもどういう風にすればよいのかわからないと思います。
・いきなり始めるのもちょっと・・・。
・クリックを間違えてとんでもないことになったらどうしよう。
・資金いくらいるのだろう?手数料はいったいくらなの?
・どこの証券会社がいいのかな?
不安やわからないことがたくさんあります。
そういう方のために株取引の
証券会社の徹底比較 ご用意していますのでどうぞ。




ページTOP



サイトMENU

Copyright (C) 始めよう定年から株式勉強. All Rights Reserved.