定年からの株式用語

始めよう定年からの株式勉強では、難しい言葉はありません。 いざ株取引を始めようと思っても、チンプンカンプンな難しい言葉が並んでいると そこで挫折しそうになります。 そうならないためにも、始めよう定年からの株式勉強では株取引はこうすれば勝てるんだ! という感じになるように、やる気の出る株式用語を用意しました。 どうぞゆっくりご覧になりやる気満々になってください。

スポンサードリンク

株式用語ま行

株式用語〜・め・

曲がり屋(まがりや)

相場の予想が当たらない人
当たり屋の反対で、曲がり屋の反対のことをすれば儲けることができます。

満腹(まんぷく)

新規に株を買うお金がないこと
持ち株がたくさんあり、新しく買いたい株が買えないことです。資金には余裕を持たせましょう。

水浸し(みずびたし)

持ち株で損をしているとき
どうしようもない状態ではなく、塩漬けの手前という感じでしょうか。

見せ板(みせいた)

投資家を動かすために出された注文
現在の値段より低い値段で注文をたくさん出し、買いのチャンスと思わせて自分は売って逃げる手口です。注意してください。

見出し買い(みだしがい)

新聞の見出しを見て買うこと
新聞に好材料が載っているのに株価が上がっていなければ買いのチャンスですが、すでに上がっていたら買うのは控えましょう。

蒸し返す(むしかえす)

昔の材料が注目され動くこと
投資する株がないとき蒸し返されるものと、以前注目されたものが実態を伴ってきて再び注目されることです。

無配(むはい)

配当が出ないこと
業績や経営方針により株主に配当を出さないこと

もちつき相場(もちつきそうば)

株価が上下に激しく動くこと
年末特有の動きで、ボーナスでお金がある人、お金が必要な人など買う人売る人が入り混じっているので株価が上下することです。

もみ合い(もみあい)

小さな上下でどちら動くかわからないとき
このような時には株価が動き出すときなので注意しておきましょう。

模様眺め(もようながめ)

株価の動きがわからないので様子を見ること
取引量が少なかったり値動きが小さいときで様子見とも言われます。




株取引に慣れよう

いざ株取引を始めようと思ってもどういう風にすればよいのかわからないと思います。
・いきなり始めるのもちょっと・・・。
・クリックを間違えてとんでもないことになったらどうしよう。
・資金いくらいるのだろう?手数料はいったいくらなの?
・どこの証券会社がいいのかな?
不安やわからないことがたくさんあります。
そういう方のために株取引の
証券会社の徹底比較 ご用意していますのでどうぞ。




ページTOP



サイトMENU

Copyright (C) 始めよう定年から株式勉強. All Rights Reserved.