定年からの株式必勝格言集

始めよう定年からの株式必勝格言集では、株取引で負けないよう相場のイメージや勝つ投資家とはどのような考えを持っているのかを学んでいただきます。株式必勝格言集は株取引だけではなく全てのことに通じるものがあります。自分にも勝てるものは持っているんだ!と思っていただけるようなやる気のでる株式必勝格言集を用意しました。 どうぞ楽しみながらゆっくりご覧になり、やる気満々になってください。

スポンサードリンク

株式必勝格言集一覧

頭と尻尾はくれてやれ 当たり屋につけ
一に損切り、二に損切り、三に損切り 売りは早かれ、買いは遅かれ
命金には手をつけるな 一文新値は鬼より怖い
売りにくい相場は安い
売りやすい相場は高い
江戸の仇は江戸で討て
押し目待ちに押し目なし 小回り三月・大回り三年
閑散に売りなし 株を買うより時を買え
株屋の増築、売りの好機 株はもとの古巣に帰る
株と結婚するな 勝った自慢は負けての後悔
勝たんと打つべからず、負けじと打つべし 狂人走れば不狂人も走る
知ったら仕舞い 死んだ子の年は数えるな
筋の耳うちは信用するな 相場の起用貧乏
相場は同じ事にて同じ事にあらず 相場は戦なり、されど戦わずして勝て
相場は相場に聞け 相場師は孤独を愛す
相場に王道なし 相場に待ったなし
相場の金と凧のいとは出し切るな 相場は理外の理
相場は理外の理にあらず、理中の理なり 高値覚えの安値覚え
卵は一つの籠にいれるな 天井三日、底百日
遠くのものは避けよ 突っ込み買いの吹き値売り
二度に買うべし二度に売るべし 眠られぬ株は持つな
上り坂の悪材料は買い
下り坂の好材料は売り
波高きは天底の兆し
野も山もみな一面に弱気なら
阿呆になりて米を買うべし
初押しは買い
人の行く裏に道あり花の山 下手な難平けがの元
見切りの千両 麦わら帽子は冬に買え
名人は相場の怖さを知る もうはまだなり、まだはもうなり
まぐれ当たりで儲けた金は
他人の金を預かったのと同じ
休むも相場
夜明け前が一番暗い 幽霊と相場は寂しい方に出る
利食いの千人力 漁師は潮を見る
利乗せは最後にやられる

頭と尻尾はくれてやれ

株価の一番安い時に買って、一番高い時に買えれば最高ですがまずありえないことです。 欲張らずに利益がでたら八分目くらいで満足しなさいという意味です。

当たり屋につけ

当たりやの人の買った銘柄は儲かるので、その人と同じ銘柄を買おうという意味です。

一に損切り、二に損切り、三に損切り

株価が下がって損をしている時にはなかなか売ることができないものです。 きっと上がるだろうと思っていてもずるずると下がり、損が膨らむ結果になります。 損を大きくしないためにも損切りはとても重要ですというの意味です。

売りは早かれ、買いは遅かれ

利益がでているときはもっと上がるだろう、損があるときはこれから上がるだろうと希望的観測を持たずに早めに利益確定、最小の損に抑えるために早く行動しなさいという意味です。 逆に買うときには上がりだしたから買うのではなく、じっくりと研究し確信をもって焦らず買いましょうという意味です。

命金には手をつけるな

株で負けて破産した、ギャンブルで借金地獄などよく耳にしますがそうならない為にも生活費や住宅購入資金は使わないことです。生活に支障のでない資金で余裕をもって取引するのが基本です。

一文新値は鬼より怖い

最高値をほんの少し更新しただけでこらかもどんどん上がると思って買うと、10〜30%下がる二番天井になって大きな損をして痛手を被ることになるという意味です。

売りにくい相場は安い、売りやすい相場は高い

売りたいときに売れないのは買いたい人がいないので株価が上がることがなく下がってしまうこと。 反対に売りたいときにすぐに売れるのは、買いたい人が多いので株価が上がるこになります。

江戸の仇は江戸で討て

株の損は株で取り返せという意味です。一度失敗したらすぐに諦めて止めたりしますが粘り強く続けることで道が開けてきます。

押し目待ちに押し目なし

上昇中の株が少し下がったら買おうと思って待っていてもなかなか下がらずに買えなくて利益を得る機会を逃すことです。

小回り三月・大回り三年

株価は短い期間で三ヶ月、長い期間で三年の間に上がったり、下がったりを繰り返すので相場には一定のリズムがあるという意味です。

閑散に売りなし

取引が少ないときは株価が理由もなく下がることがあります。そのため悪い影響を与え急落することがあります。一時的なことなので焦らずに静かに見守ることです。心配な時には取引量を見て少なければ一時的なことだと 判断ができます。

株を買うより時を買え

銘柄よりも売買するタイミングが重要になるという意味です。『あの時に買っておけば』『あの時に売っておけば』とよくあることです。

株屋の増築、売りの好機

取引が活発になると最初に儲かるのは証券会社です。そのため株価が天井近くにあるので売る絶好のタイミングという意味です。

株はもとの古巣に帰る

人気だけで買われて上がった銘柄は、実態を伴わないので人気がなくなれば自分にあった株価に戻るという意味です。

株と結婚するな

買いたい銘柄を探しているとこれしかないと思える銘柄を見つけることがあります。そのため執着してしまい冷静に 判断ができなくなます。利益をもたらしてくれるのが良い銘柄なのであまり執着しないという意味です。

勝った自慢は負けての後悔

利益が出て儲かったと自慢する人、損をして泣き言を言う人がいますがそれでは何も進展しません。 自慢話をしていると足元すくわれて痛い目にあうということです。

勝たんと打つべからず、負けじと打つべし

どうしたら勝つか考えて取引をするより、どうしたら負けないかを考えて取引をしなさいという意味です。

狂人走れば不狂人も走る

株価が異常なくらい急上昇しているからおかしいと思っても、みんなつられて買ってしまうという意味です。

知ったら仕舞い

心配しながら取引をしていると気になって冷静な判断ができなくなります。そう感じたときには仕切り直すために株を売って冷静になるという意味です。

死んだ子の年は数えるな

終わった事をいつまでも後悔しないという意味です。後ろばかり見ていては前に進むことはできません。

筋の耳うちは信用するな

筋とは相場などに精通した人です。自分が売り逃げするために情報を与えるので信用して買ったら損をするという意味です。

相場の起用貧乏

器用な人は何をやっても無難にこなし優秀に見られますが、成功せずにそこそこので終わってしまうことがあります。 小手先のテクニックを使うので一時的な成功で終わるので本物の投資家になることはできません。

相場は同じ事にて同じ事にあらず

株価は上がったり下がったりの繰り返しで誰でも儲かりそうですが、実際は損をする人が多くいます。 同じように動いていても刻一刻と変化しているという意味です。

相場は戦なり、されど戦わずして勝て

株の取引は老若男女入り乱れて売買していますが、注目株や人気株には人が群がって競争のような状態になります。注目を浴びる銘柄ではなくて、誰も気づいていない銘柄で悠々と利益を得ようという意味です。

相場は相場に聞け

自信を持って買った銘柄でも思惑通りにいくとは限りません。そこで意固地になり正しい判断ができなくなります。そういう時は意地を張らずに相場の動きをしっかりと観察して投資を行うことです。どのような動きをしても相場のほうが正しいのですから。

相場師は孤独を愛す

人の意見を聞いても儲からないという意味と、勝つも負けるもすべて自分次第であるという意味です。勝てる人は自分のスタイルを持っています。

相場に王道なし

株で儲けるための簡単な近道はありませんという意味です。勉強、経験、試行錯誤、努力が必要です。

相場に待ったなし

相撲では待ったと言って仕切り直しがありますが、株の取引で待ったはありません。常に勝つか負けるかに世界なので1回1回の取引を真剣に勝負をするという意味です。

相場の金と凧のいとは出し切るな

凧揚げをするときに結んであると思ったのが結んでなくてそのまま飛んでいった経験はありませんか。株の資金も同じようにすべてを使って破産したり、買いたいときに買えないといったことになります。余裕を持った売買をしましょう。

相場は理外の理

普通に考えられる理屈通りと計算通りに物事が運ばないことを表現します。理屈で考えれば上がるはずなのに逆に下がる事はよくあることで理屈は通用しないということです。

相場は理外の理にあらず、理中の理なり

理屈では上がるはずだけど逆に下がっても、それは一時的なことで時間をかけて理屈の中での動きになるという意味です。

高値覚えの安値覚え

今までに体験した高値を忘れられずにもっと上がると期待したり、逆に安値を知っているのでまだ下がると思い結局買えずにチャンスを逃すことになります。 過去の株価は過去のものであって現在とは違うと認識することが大切です。

卵は一つの籠にいれるな

卵を一つの籠に入れたときに籠を落としたら全て駄目になります。株も同じで一つの銘柄を買うのではなくいくつかの銘柄に分けて買いなさいという意味です。

天井三日、底百日

株価のグラフを見みると山になったり谷になったりしています。高値になっている期間は短くて株価が低迷している期間は長いことがよくあります。良いことは短く感じ悪いことは長く感じることと同じです。

遠くのものは避けよ

遠くのものはよくわからないものです。知らない銘柄に手を出すとなぜ下がったのかがわからないため、そのまま売ることができずに大きな損をします。案外身近なところに宝はあります

突っ込み買いの吹き値売り

株価が急騰したり急落するとみんなが同じ行動をします。あえてみんなと逆のことをすれば大きな利益を得るという意味です。

二度に買うべし二度に売るべし

一度に大きな売買をするのではなく、少し買って様子をみてよかったら買い足すといったように余裕をもった売買をするということです。大きな売買をすると人はなかなか平常心でいることはできませんからね。

眠られぬ株は持つな

株価が気になって夜も寝られなくなるような投資してはいけませんという意味です。常に株価が気になるので精神状態もおかしくなり健康にもよくありません。

上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り

上がり続けているときに悪い材料がでて下がった場合は一時的なことで買いのチャンス、逆に株価が下がり続けているときに良い材料がでて上がったら売るチャンス一度上がり再び下がり始めるという意味です。

波高きは天底の兆し

値動きが今までと違い大きく動く時は天井や底が近いという意味です。天井付近ではまだ上がると思う人が多くいますが、利益を確定しようという人も徐々増えていき大きな動きをするようになります。

野も山もみな一面に弱気なら、阿呆になりて米を買うべし

長い期間株価が下がり続けていると、みんな悲観的になり売り続けて実際の価値より大きく値段をさげるので そのときが絶好の買いのチャンスになるという意味です。

初押しは買い

株価が上がりだして最初に下がった時は買いのチャンスという意味です。

人の行く裏に道あり花の山

人と同じことをやっていては成功はしないので、人と違うことをすると成功しますという意味です。 常に人と同じことをしていないか自問自答すると良いでしょう。

下手な難平けがの元

難平(なんぴん)とは持っている株が下がり続けて損失が増えているときに、買い増しをし株の平均単価を下げるこです。反転して上がり始めればいいのですが、そのまま下がり続けると大きな損失になります。状況を判断して上手な難平をしましょう。

見切りの千両

ダメだと思ったらすぐに損切り(損を覚悟で売る)をすることは千両の価値があるという意味です。この決断ができるかできないかが大きな差となり勝ち組、負け組みに分かれます。

麦わら帽子は冬に買え

麦わら帽子は夏に使うものですが、シーズンの終わった商品は安く買えます。株も同じように誰も気づかない銘柄を安く買いなさいという意味です。

名人は相場の怖さを知る

名人はいかに勝つかを考えるのではなく、先にリスクを考えいかに損を最小限にとどめるか計算しています。 そのため十分な準備ができているので余裕を持った売買ができます。

もうはまだなり、まだはもうなり

もう十分に下がったから買いのチャンスと思ってもまだ下がると考え、まだ上がると思って待っている時は売るということの意味です。

まぐれ当たりで儲けた金は他人の金を預かったのと同じ

買った株が急騰して大きな利益を得てもそれは、たまたまであって取引を続けていくうちに儲けたお金は出て行き元に戻るという意味です。結局人から借りていたお金を返したということです。

休むも相場

取引を続けていると冷静に判断できないときがあります。そういうときは一旦取引をやめ冷静になるためにや株価の動きがわからないで悩む時には休みなさいという意味です。

夜明け前が一番暗い

よく聞く言葉ですが、もう駄目なくらい最悪の時は誰もが悲観的になりますがそういう時こそチャンスが目覚めようとしているという意味です。

幽霊と相場は寂しい方に出る

話題も人気もない銘柄より、人気も話題もある銘柄ほうに人は流れていきます。しかし、そのような銘柄はピーク間近だったりして利益を得る事は難しく、逆に損をすることになります。人と同じでは儲けることはできませんという意味です。

利食いの千人力

どんなに利益があっても売らなければ本当の利益なりません。利益があるときにきちんと売って利益を確保することは千人の力あるという意味です。

漁師は潮を見る

漁師は魚を探しているようで実は潮の流れを見て漁をしています。株も同じで株価ばかり見ずに全体の流れを見なさいという意味です。

利乗せは最後にやられる

利乗せとは、買った株が上がり続けているので次々と買い足していくことです。そのまま上がり続けれは大きな利益ですが、下がりだすと大量に買っていた株が次々と損失が膨らみ大きな損害が出るという意味です。




株取引に慣れよう

いざ株取引を始めようと思ってもどういう風にすればよいのかわからないと思います。
・いきなり始めるのもちょっと・・・。
・クリックを間違えてとんでもないことになったらどうしよう。
・資金いくらいるのだろう?手数料はいったいくらなの?
・どこの証券会社がいいのかな?
不安やわからないことがたくさんあります。
そういう方のために株取引の
証券会社の徹底比較 ご用意していますのでどうぞ。




ページTOP



サイトMENU

Copyright (C) 始めよう定年から株式勉強. All Rights Reserved.