定年からの株式用語

始めよう定年からの株式勉強では、難しい言葉はありません。 いざ株取引を始めようと思っても、チンプンカンプンな難しい言葉が並んでいると そこで挫折しそうになります。 そうならないためにも、始めよう定年からの株式勉強では株取引はこうすれば勝てるんだ! という感じになるように、やる気の出る株式用語を用意しました。 どうぞゆっくりご覧になりやる気満々になってください。

スポンサードリンク

株式用語か行

株式用語〜

買い気配(かいけはい)

買い注文ばかりの状態
株を買おうと思っている人ばかりで、誰も売ろうとしないので売買が成り立たず値段が付かない状態です。

顔合わせ(かおあわせ)

株価が過去の最高値、最安値と同じになること
初めて会うような感じですが、以前の良かった時、悪かった時の戻るというこです。証券マンは面あわせと言っているそうです。

株屋(かぶや)

証券会社、証券マン、証券関係者
証券マン、証券会社に勧められて株を買ってもなかなか利益にならない。 自分で勉強して自己責任で株取引した方がよろしいと思います。

ガラ(がら)

株価が大きく下がること
ガラガラと崩れるというところから付けられたみたいです。大きく値を下げるときより大暴落のときに使います。

換金売り(かんきんうり)

株を現金にすること
急にお金がいる時や、お盆やお正月などお金がいる時期に多くなります。

閂(かんぬき)

上げ相場での下値
株価が上がっている時に低い値段がついたこと

関門(かんもん)

上げ相場で超えられない上値 株価が上がっている時になかなか上の株価をを突破できないこと

逆指値注文(ぎゃくさしね)

指定した注文で売買取引をすること
持っている株が指定した株価になったら売る、買うという注文を出すこと。これは自動でできるので株価を好きなときに見れない人には とても役立つシステムです。

逆張り(ぎゃくばり)

株価に逆らって下がったら買い、上がったら売ること
人気がなくなり株価が下がっときに買って、人気が出て上がったときに売ることで、人と同じでは勝てない、人と逆のことが勝てる秘訣とはよく言われることです。

玉(ぎょく)

株式など証券取引所で取引されるもの
株式や証券取引所で取引されるのもそうですが、注文そのものを指すこともあります。タマと読んでしまいそうですがギョクです。

鞍替え(くらがえ)

東証2部から東証1部になど他の市場に移ること
東証1部、東証2部、ジャスダックにはそれぞれの基準があり、東証1部の基準は厳しいため業績などが良くないと移ることができません。なので、鞍替えしそうな銘柄は注目です。

月曜ボケ(げつようぼけ)

休み明けで市場が静かな状態
月曜日は休み明けなので、新しい材料や投資家にあまりやる気がでないので取引量もし少ない状態です。

現実買い(げんじつがい)

会社の業績や経済の現実を見て買うこと
経済の6〜8ヶ月先を行くといわれている相場なので、現実買いは堅実です。しかし時すでに遅しということもあります。

堅調(けんちょう)

株価の上昇がしっかりとした状態
相場全体に対してよく使われるのです。よくニュースで聞く言葉ですが順調と同じような意味です。

現値(げんち)〜

現在の株価のこと
取引時間内に株価が上下している現在の値段で、取引が終わった後には現値は使いません。

公募(こうぼ)

新株を発行し投資家を募集すること
公募価格は少し安く設定されています。しかし株価の下げ率は決められていることもあります。

後場(ごば)

午後の取引
12時30分から15時までの取引時間のことです。 後場が始まってしばらくすると買い疲れになり少し下がります。上げ調子の時には安く買えたりします。

個別材料株(こべつざいりょうかぶ)

独自の材料がある銘柄
景気や為替など、どんな銘柄にも影響がある材料ではなく企業の得意分野のことです。どの企業にも独自の得意分野があると思われますが、一般には中小型株のことをいうみたいです。




株取引に慣れよう

いざ株取引を始めようと思ってもどういう風にすればよいのかわからないと思います。
・いきなり始めるのもちょっと・・・。
・クリックを間違えてとんでもないことになったらどうしよう。
・資金いくらいるのだろう?手数料はいったいくらなの?
・どこの証券会社がいいのかな?
不安やわからないことがたくさんあります。
そういう方のために株取引の
証券会社の徹底比較 ご用意していますのでどうぞ。




ページTOP



サイトMENU

Copyright (C) 始めよう定年から株式勉強. All Rights Reserved.