定年からの株式用語

始めよう定年からの株式勉強では、難しい言葉はありません。 いざ株取引を始めようと思っても、チンプンカンプンな難しい言葉が並んでいると そこで挫折しそうになります。 そうならないためにも、始めよう定年からの株式勉強では株取引はこうすれば勝てるんだ! という感じになるように、やる気の出る株式用語を用意しました。 どうぞゆっくりご覧になりやる気満々になってください。

スポンサードリンク

株式用語は行

株式用語〜・へ・

吐き出す(はきだす)

利益のあった株が利益がなくなること
持っていた株が上がり利益があったのに下がって利益がなくなることです。

始値(はじめね)

1日の最初に付いた値段
証券市場で最初についた値段で寄り付きとも言います。1日の終わりは終値です。

裸値(はだかね)

人気を含まない値段
企業の業績に見合った株価のことです。テレビなどで取り上げられると株価があがるので実際の企業価値とは違うので飛びついて買うと損をすることもあります。

はねる

株価が予想のつかない動きをすること
はねるというと株価が上がるイメージがありますが下がる場合にも使います。

早耳筋(はやみみすじ)

情報が早い人
情報が早いといいことばかり思いますが、上がると思って買ったら下がったということもあるのであまり情報に流されないことです。

張る(はる)

株を取引すること
株を実際に売ったり買ったりすることです。株のことは詳しいくて勧めるけど実際に張っているのかな?

はわす

現在の値段より下の値段で買い注文すること
もう少し下がりそうな雰囲気があるときなど安全に買うことです。

反省高・反省安(はんせいだか・はんせいやす)

株価が異常に上下してその逆に動くこと
株価が実態より安くなった反省から買われるのが反省高、逆に実態より高くなった反省から売られることを反省安といいます。

半値押し・半値戻し(はんねおし・はんねもどし)

上げ幅の半分下がること
株価が上昇している時に半分下がるのが半値押し、株価が下がっている時に半分上がるのが半値戻しです。

反発・反落(はんぱつ・はんらく)

下がっていた株が上がること
ずっと下がり続けていた株価が上がることを反発、逆に株価が上がっていて下がりだすことを反落といいます。

彼岸底(ひがんぞこ)

彼岸の時期になると安くなること
お盆休みと同じことで彼岸の春分の日の前後、秋分の日の前後は株価が下がること

引け味(ひけあじ)

相場が終わるときの雰囲気
株価が上がってまだ続きそうに終わったら引け味よかったな!となります。

冷やす(ひやす)

過熱している相場を鎮めること
買い注文が多くなると過熱しやすいので、それを抑えるために大量の売り注文を出すことです。

笛吹き(ふえふき)

株の売買停止
一つの銘柄に注文が殺到して収拾がつかなくなるのでコンピュータを使っていない昔は笛をふいて売買の停止を知らせていました。

物色買い(ぶっしょくがい)

いろいろな材料を調べて買うこと
株価どちらに動くかわからない時に、業績や将来性などを調べいろいろな銘柄を買うこと。

ボックス圏相場(ぼっくすけんそうば)

一定の値幅で上下すること
相場の行き先が不明な時よくなります。箱に入ったように一定の株価からは上にも下にも行かない状態です。




株取引に慣れよう

いざ株取引を始めようと思ってもどういう風にすればよいのかわからないと思います。
・いきなり始めるのもちょっと・・・。
・クリックを間違えてとんでもないことになったらどうしよう。
・資金いくらいるのだろう?手数料はいったいくらなの?
・どこの証券会社がいいのかな?
不安やわからないことがたくさんあります。
そういう方のために株取引の
証券会社の徹底比較 ご用意していますのでどうぞ。




ページTOP



サイトMENU

Copyright (C) 始めよう定年から株式勉強. All Rights Reserved.