知っておきたいヘアースタイル用語

サロン(美容室)では、カットやパーマ、カラーリングで使われる専門用語がありますよね。

ここでは、サロンで使われるヘアスタイル専門用語を紹介します。

知っておくとヘアスタイルをバッチリ決めるヒントがありますよ!


カット用語編

グラデーションカット
細かな段差をつけて角ばらないように自然な丸みをつけるカット法

シャギー
毛先を不揃いに細くそいで軽やかな毛先にするカット法

ドライカット
髪が乾いた状態でカットし、最後の仕上げに行われるカットです。

セニングカット
コーム状になった刃の粗いすきバサミで間引いていくカットで、毛先に動きをつけるときに使います。

レイヤー
髪の長さに差をつける切り方で、段をつける位置によって「ローレイヤー」「ハイレイヤー」「セイムレイヤー」とあります。

レザーカット
カミソリを使って毛先をそぐようにカットする方法で、柔らかな自然な仕上がりにします。


カラー用語編

ウィービング
等間隔で筋状に色をつけて陰影をつける

ハイライト
本来の髪色より明るい色を使い軽さをだす

ローライト
本来の髪色よりも暗い色を使い、引き締めたり深みを出すことができる

ヘアカラー
脱色して髪のの内側から染める方法

ヘアマニキュア
髪の表面に色をつける方法で刺激が少ないのがと特長。しかし長持ちしない

ブリーチ
脱色すること。カラーリング前に施すと鮮やかにすることができる


パーマ用語編

内巻きパーマ
毛先を内側にまいてかけるパーマ

毛先パーマ
毛先を大きめのロッドで一巻きして毛先にふんわり仕上げる

スパイラスパーマ
バネのようなウェーブをつけ、強く巻けばボリューム感、弱く巻けばふんわり感がでます。

ツイストパーマ
髪を少しずつ束ねてねじってかけるパーマ。ロッドを使わないのが特徴

デジタルパーマ
形状記憶パーマとも呼ばれ、カール持ちがよくスタイリングがしやすい

ボディーパーマ
軽いウェーブを作って髪の流れを整えるのでスタイリングが簡単にできる

ミックスパーマ
大きさの違うロッドを組み合わせたり、巻く方向を変えたりするパーマ






フィード