くせ毛の原因

くせ毛を改善するために、ストレートパーマや縮毛矯正をかける人も多いと思います。

しかし、1ヶ月も立たないうちに根元から浮いてきたり、朝ばっちりとヘアスタイルを決めても湿気が多くなるとクセが出てきてごわついたり、枝毛や切れ毛など悩みは尽きないものです。

そのほかにも、ヘアカラーで髪を傷めたりパーマや紫外線、乾燥によって
ダメージヘアを改善しようと努力しますよね!


くせ毛の原因て知っていますか?

くせ毛の原因は遺伝が多く、親がくせ毛だと約8割はくせ毛になるそうです。


では、なぜ真直ぐならずにクネクネとクセがついてしまうのでしょうか。

ひとつに毛穴の形が曲がっていて真直ぐに髪の毛が生えないことがあります。

毛根部が曲がっているため頭皮から斜めに生え曲がってしまうのです。


最近では、パーマやカラーリング、毛穴の汚れ、ストレス、紫外線、食事などが原因となってくせ毛がひどくなることも増えているようです。


そして、もうひとつのくせ毛の原因に、
髪の毛を構成している硬いたんぱく質と軟らかいたんぱく質のバランスがあります。

硬いたんぱく質は水分を含みにくく、反対に軟らかいたんぱく質は水分を含みやすくなています。

そのため、タンパク質のバランスが悪い髪の毛は不均等に膨らみクセ毛になったり、
まとまりがなくなり広がったりするのです。


最近では、このようなくせ毛専用のヘアセラムや髪の水分を調節するヘアパックなどがありますので試してくださいね!





フィード