髪を傷める原因

くせ毛や抜け毛、フケやかゆみが出たり髪を傷める原因は、
日常生活の中にたくさんありますよね!

シャンプーやドライヤー、パーマのカラーリング、ブリーチは特に髪を傷めます。

そのほかにも、紫外線や精神的ストレス、タバコ、ダイエットも髪を傷める原因になります。

頭皮やキューティクルを傷めないためにも、

日常生活で栄養や保湿に注意することを心がけてくださいね!


髪にダメージを与える原因

間違った髪のお手入れ

髪をきれいにしたいと思って何回もシャンプーすると、
フケや抜け毛、クセ毛になったりします。

逆に髪を洗わないと、頭皮の毛穴に皮脂や汚れがつまり
薄毛や毛がコシのない細毛になることも・・・。

そのほかブラッシングのやり過ぎは、
枝毛や切れ毛の原因になりますので注意してくださいね。

パーマ・カラーリング

パーマやカラーリングは髪に直接薬品をつけるのでダメージは大きくなります。
その中でも矯正パーマやヘアダイはダメージ大ですよ!

まずは、パーマやヘアマニキュアの頻度を減らし、
パーマ専用・ヘアカラー専用シャンプーやトリートメントを使うことですよ。


紫外線


紫外線のダメージは何も肌だけではありませんよ!
髪や頭皮にも大きなダメージを与え、肌の3倍もの紫外線量を浴びています。

紫外線を防ぐにはUV効果のあるトリートメント、日傘や帽子を使ってくださいね。
ただし、帽子はニオイやかゆみが起こらないように通気性の良い帽子にしてくだい。


ストレス


ストレスを感じると血行が悪くなるんですよ!
頭皮の血行が悪くなると抜け毛やくせ毛、円形脱毛症の原因になります。
あと、タバコも血液の流れが悪くなるので禁煙しましょうね!


ダイエット


体重は気になると思いますが、無理なダイエットは毛根に栄養が届かず、
髪にコシがなくなったり抜け毛になったりします。

食事制限するよりも栄養バランスのとれた食事を心がけましょうね!






フィード