ヘアカラーリングの綺麗に仕上げる

カラーリングは黒い髪をアッシュ系で明るくして軽さを演出したりたり、 気になる白髪をナチュラルブラウンを使って目立たなくするなど、 カラーリングの使い道は様々です。


サロン(美容室)でカラーリングすれば、綺麗に仕上がりますが
時間がなくて自分でカラーリングするときはなかなか綺麗に仕上がらないものですよね。

しかし、カラーリングのコツを掴めば失敗することも少なくなるので、
カラーリングがキレイに仕上がるポイントを紹介していきます。


カラーリングのポイント

カラーリング剤を選ぶときのポイントは、毛先の色よりもワンランク暗い色を選ぶことです。

どうしても毛先と根元では髪色の違いがあるので、明るいカラーリングをすると余計に
毛先と根元の色の違いが出てくるので注意してくださいね!


市販されているカラーリング剤には、ブラシやコームが付いているものもありますが、
できるだけ目の粗いコーム使うようにしましょう。

ムラになりにくく広い範囲を塗ることができます。


前髪やサイドは自分でもカラーリングしやすいので、すぐに塗ってしますが
前髪やサイドは色が入りやすいのでムラになり、後ろ髪は真っ黒になるますよ!

カラーリングをぬる順番は、襟足からサイド、トップとぬって行きましょうね。


カラーリング剤は高温になるほど色が浸透しやすくなるので、
頭皮に近い髪の根元は最後にぬるようにしてください。





フィード