視覚障害

役立つ情報をゲット!!

視覚障害


Get useful informationでは、体や心などの様々な障害の情報を紹介しています。
体や心などの障害は様々あります。少しでもわかりやすく情報を発信しています。
身近な生活にある体や心などの障害の情報から、気になる何気ない障害の疑問など
掲載していますので体や心などの障害について少しでも理解して頂ければ幸いです。


HOME障害TOP>視覚障害


視覚障害

視覚障害とは、視力がまったくないか、非常に視力弱いために日常生活や就労の場などで不自由な生活を強いられます。視覚障害は、資格をもたない全盲と、少しでも視力のある弱視に分けられます。
視覚障害者の対語は晴眼者といい、目がぱっちりと開いた状態をあらわします。
視覚障害の原因でもっとも多いのが糖尿病です。糖尿病の合併症として視覚障害がでることがあります。
次に視覚障害の原因となるのは緑内障です。出生時の損傷は、比較的少ないのですが未熟児の場合は未熟児網膜症というケースがあります。
昔から、未熟児で生まれると目が見えなくなるといわれます。それが未熟児網膜症です。
その他に、夜になると目が見えなくなる夜盲症や色覚異常、視野狭窄も広い意味での視覚障害に含まれます。ただし、夜盲症や色覚異常は、身体障害者福祉法では視覚障害の定義に含まれません。
視覚障害は、眼科で受診をして視覚障害と判断されれば市町村役場で申請を行うことで身体障害者手帳が交付されます。
視覚障害は、障害の程度に応じて1級から6級まであります。さらに視力障害と視野障害に区分して認定します。重複する場合は、重複障害認定の原則に基づいて認定します。
視覚障害者への配慮として、道路の点字ブロックや横断歩道信号の音楽などがあります。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10