味覚障害

役立つ情報をゲット!!

味覚障害


Get useful informationでは、体や心などの様々な障害の情報を紹介しています。
体や心などの障害は様々あります。少しでもわかりやすく情報を発信しています。
身近な生活にある体や心などの障害の情報から、気になる何気ない障害の疑問など
掲載していますので体や心などの障害について少しでも理解して頂ければ幸いです。


HOME障害TOP>味覚障害


味覚障害

味覚障害は、味を感じることがなくなるか、ほとんど味を感じなくなる障害です。味覚障害を訴える人の多くは、入れ歯をいれてから味覚が変わったというものです。
食べ物の味は舌にある味蕾(みらい)という細胞で感じますが、それだけではありません。においや温度、口ざわりや歯ざわりなどといった総合的なものが味を感じる要素になっています。
したがって入れ歯を入れることで、感覚が伝わりにくくなり、味覚障害につながるものと考えられてます。
味覚障害の原因は、いくつか考えられており、ひとつは心理的要因です。
入れ歯による異物感が食べ物に対する感覚を鈍らせ、温度感覚や触覚などを感じさせにくくなるため、味覚障害につながると考えられます。
次に、生理的要因ですが、味蕾は、食物中の分子が唾液で溶けることによって味を感じます。そのためよくかむことで唾液の分泌がよくなり、味を感じやすくなるようになります。
ただし高齢者は唾液の分泌量が少なくなっていることが多く、若い人でもあまり「かむ」ことをしなくなっています。これも、味覚障害の一因のひとつになっています。
味蕾のはたらきには亜鉛が欠かせません。そのため栄養不足による味覚障害もあります。亜鉛欠乏による味覚障害も年々増加しています。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10