境界性人格障害

役立つ情報をゲット!!

境界性人格障害


Get useful informationでは、体や心などの様々な障害の情報を紹介しています。
体や心などの障害は様々あります。少しでもわかりやすく情報を発信しています。
身近な生活にある体や心などの障害の情報から、気になる何気ない障害の疑問など
掲載していますので体や心などの障害について少しでも理解して頂ければ幸いです。


HOME障害TOP>境界性人格障害


境界性人格障害

境界性人格障害は、思春期や成人期に起こる人格障害です。
特徴として不安定な自己や他者のイメージや、感情や思考のコントロール障害、衝動的な自己破壊行為などのがあります。
境界性人格障害は、かつては神経症と統合失調症の境界線上という位置づけでした。ところが、最近ではうつ病などの気分障害との関連性も疑われつつあります。また、境界性パーソナリティ障害とも呼ばれ、一般的にはボーダーラインといわれています。
境界性人格障害は患者数は、年々増加しているともいわれており医療費への影響や、自己破壊的な行動による生産性の低下などから、経済へ与える影響も少なくありません。
調査によると、人口の1〜2%に存在するといわれており、気分障害や物質関連障害を合併することも多い病気です。
さらに、抱えている不安を解消するために自己の評価を上げようとすることもあるため、自己愛性人格障害と一緒に扱われることも多いです。
反対に、対人関係の不安をもつ人もいます。それを回避するために、引きこもりのような状態になることもあり、回避性人格障害と診断されることもあります。最悪の場合病気の経過途中で、自殺にいたる例も珍しくありません。
治療法は薬物療法と精神療法を主体としています。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10