更年期障害

役立つ情報をゲット!!

更年期障害


Get useful informationでは、体や心などの様々な障害の情報を紹介しています。
体や心などの障害は様々あります。少しでもわかりやすく情報を発信しています。
身近な生活にある体や心などの障害の情報から、気になる何気ない障害の疑問など
掲載していますので体や心などの障害について少しでも理解して頂ければ幸いです。


HOME障害TOP>更年期障害


更年期障害

更年期障害は、一般的に閉経前後に起こる身体的な異常のことです。
女性の体は非常にデリケートで、卵巣から分泌されるエストロゲンというホルモンによって体調が左右されます。
そのため更年期障害は、閉経によってエストロゲンの分泌が低下することによっておこります。
閉経には自然閉経と、人為的閉経があります。
日本人の自然閉経は平均が51歳で、40歳代中ごろから後半にかけて更年期障害がでてくるといわれます。
人為的閉経は腫瘍などの病気で、両側の卵巣を切除することをいいます。子宮のみを摘出し、卵巣が残っているケースでは、エストロゲンが分泌されるため、更年期障害は起こりにくいといわれています。
更年期障害の症状や出る年齢は人によって異なり、ほとんど更年期障害らしい症状がでない人もいれば、体を動かせないほどの重い更年期障害の症状がでる人もいます。
通説としていわれているのは、自然閉経を気にする人ほど症状が重く、それほど気にしていない人ほど症状が軽いといわれています。
人為的閉経の場合、自然閉経とは異なり更年期障害の症状が重い人が多いといわれています。これは、生殖期に強制的に卵巣を摘出してしまうためで、子宮のみを摘出した場合では症状がでないことが多いようです。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10