広汎性発達障害

役立つ情報をゲット!!

広汎性発達障害


Get useful informationでは、体や心などの様々な障害の情報を紹介しています。
体や心などの障害は様々あります。少しでもわかりやすく情報を発信しています。
身近な生活にある体や心などの障害の情報から、気になる何気ない障害の疑問など
掲載していますので体や心などの障害について少しでも理解して頂ければ幸いです。


HOME障害TOP>広汎性発達障害


広汎性発達障害

広汎性発達障害は、自閉症を含む、広い意味での自閉症の特徴をもった発達障害のことです。知的障害が一定水準に達しているものを、「高機能」とよびます。
広汎性発達障害のなかには、自閉症、レット症候群、アスペルガー症候群などが含まれ、障害の度合いも人によってそれぞれです。そのため「100人の患者がいれば100通りの症例がある」といわれています。
広汎性発達障害の診断基準は、自閉症を基準にして判断されます。
まず、対人的な社会性の障害ですが、失礼にあたることでも正直に他人に言ってしまったり、他人の感情を推測することを苦手とします。
次に言葉による、コミュニケーションの障害があります。
こらは、言葉のやりとりをパターン化して覚えることが多いため、言葉の意味が微妙にずれていることがあります。
また、見知らぬ人にも積極的に話しかける一面を持っていて、対人関係における適切な距離が保てないのも特徴です。
最後にイマジネーションの障害です。
この障害は、先の見通しをもった生活をすることが困難で、スケジュール管理などが自分では行えない症状です。
以上のような症状が確認されたときに、広汎性発達障害と診断されます。
薬物療法などで治ることはなく、療育で苦手分野をのばし、発達を促すのが最良の策といわれています。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10