注意欠陥多動性障害

役立つ情報をゲット!!

注意欠陥多動性障害


Get useful informationでは、体や心などの様々な障害の情報を紹介しています。
体や心などの障害は様々あります。少しでもわかりやすく情報を発信しています。
身近な生活にある体や心などの障害の情報から、気になる何気ない障害の疑問など
掲載していますので体や心などの障害について少しでも理解して頂ければ幸いです。


HOME障害TOP>注意欠陥多動性障害


注意欠陥多動性障害

注意欠陥多動性障害は、多動性や不注意、衝動性が特徴の発達障害のことです。行動障害とされることもあり、著しい多動や不注意がみられます。
注意欠陥他動性障害は、入学前に発見されることが少なくありません。また同時に広汎性発達障害と診断されることもあります。広汎性発達障害の症状としては多動障害があります。
遺伝的要因が原因と指摘されていますが、はっきりとした原因はまだ解明されていません。
その範疇で説明のつかない不注意や多動、衝動性がみられるものを、注意欠陥多動性障害とよびます。最大の特徴は、注意力を持続することができないところです。そのほかに、さまざまな出来事など情報をまとめることも苦手になっています。
日常生活に大きな支障をもたらすことの多い障害ですが、適切な治療と環境を改善することで、症状を緩和することもできます。
多動性、衝動性をおさえるために、一時的に薬物療法を行うこともあります。ただしこの薬物療法は一時的なもので、多動性や衝動性がなくなれば薬物療法はやめるのが一般的です。
脳の機能障害であることがわかっているので、しつけや本人の努力だけで症状を緩和することはできません。
多くの精神疾患と同様に問診で行われ、臨床心理士の検査などを元に判断して注意欠陥多動性障害と診断されます。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10