借金返済における特定調停の申し立て

役立つ情報をゲット!!

借金返済特定調停申し立て


Get useful informationでは、借金返済の役立つ情報を紹介しています。
借金返済の方法や仕組みなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つ借金返済の情報から、ちょっと気になる何気ない借金返済の疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOME借金返済TOP>借金返済における特定調停の申し立て


借金地獄から簡単に抜け出す魔法の借金返済術
100万円を年28%で借りた場合

毎月2万5千円を25回支払っても、残りの返済金額は

941,796円
なぜ元金が減らないのか
90%以上の人が知らない消費者金融の仕組みとは


借金返済における特定調停の申し立て

これから先借金返済が難しくなる可能性がある場合には、特定調停の申し立てをします。特定調停を申し立てるには、お金を貸した金融機関の本店または支店の所在地がある直轄の簡易裁判所に申し立てます。ただし、複数の金融機関から借り入れをしている場合には、金融機関の本店、支店の所在地が同じとは限りません。そのような時は、借金返済額の一番多い金融機関の所在地を直轄している簡易裁判所に申し立てをします。その裁判所で、すべての債権者である金融機関の一括処理が出来ます。
裁判所によっては他の裁判所に移送されることもあるようです。また、自宅から直轄裁判所が遠い場合には、近くの裁判所で受け付けてもらうことも出来るようです。
借金返済額を減額してもらうための一番簡単な手続きが、この特定調停だと言えます。
特定調停を申し立てる時の必要書類は、申立書、関係権利者一覧表、後は債務者に関する資料が必要になります。つまり、収入の明細や支出明細、資産明細などの資料がそれに当たります。そのほかに、債権者との借金返済明細や住民票や戸籍謄本、課税証明書なども必要になってきます。
将来、借金返済ができなくなるのではないかという不安が少しでもある場合は、早い段階で特定調停などの方法を利用していくことによって、精神的な不安を取り除くことができます。



スポンサードリンク





M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10