借金返済における特定調停のデメリット

役立つ情報をゲット!!

借金返済特定調停デメリット


Get useful informationでは、借金返済の役立つ情報を紹介しています。
借金返済の方法や仕組みなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つ借金返済の情報から、ちょっと気になる何気ない借金返済の疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOME借金返済TOP>借金返済における特定調停のデメリット


借金地獄から簡単に抜け出す魔法の借金返済術
100万円を年28%で借りた場合

毎月2万5千円を25回支払っても、残りの返済金額は

941,796円
なぜ元金が減らないのか
90%以上の人が知らない消費者金融の仕組みとは


借金返済における特定調停のデメリット

特定調停は借金返済における債務整理の中のひとつですが、大きなメリットがいくつもありますが、反対にデメリットが多いということも知っておく必要があります。
第一に、任意整理よりも和解が成立するのに時間がかかるということです。また、特定調停の調停調書には執行力があるので、もし和解後に借金返済がきちんと行われなければ即時に強制執行されることになります。これは債務者にとっては大きなデメリットになります。また、特定調停の手続きを行う上で、必要書類を用意するには時間と手間がかかります。さらに、調停期日が決まったら、その日は裁判所に行く必要がありますで他の用事や仕事は休まなくてはなりません。
この他、特定調停のデメリットには、今後借金返済していく場合に元金そのものを減らすことは出来ません。つまり特定調停の手続きを取って執行に至った場合でも、個人版民事再生に比べると最初の借金返済額とあまり変わらないことも多いということです。
もし、借金返済において多く支払っていたことが分かった場合には、特定調停が終わった時点で、改めて過払いに対する返還訴訟を起こす必要が出てきます。さらに、特定調停が執行されるまでの遅滞損害金が借金返済を行っていく上で加算されることもあることを覚えておかなくてはなりません。



スポンサードリンク





M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10