借金返済における個人版民事再生のメリット

役立つ情報をゲット!!

借金返済個人版民事再生デメリット


Get useful informationでは、借金返済の役立つ情報を紹介しています。
借金返済の方法や仕組みなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つ借金返済の情報から、ちょっと気になる何気ない借金返済の疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOME借金返済TOP>借金返済における個人版民事再生のデメリット


借金地獄から簡単に抜け出す魔法の借金返済術
100万円を年28%で借りた場合

毎月2万5千円を25回支払っても、残りの返済金額は

941,796円
なぜ元金が減らないのか
90%以上の人が知らない消費者金融の仕組みとは


借金返済における個人版民事再生のデメリット

借金返済における個人版民事再生とは、借金総額の元本を減額するもので借金返済が少なくなり債務者にとってはとても嬉しいことです。しかし、個人版民事再生で借金返済を減らす手続きをするにはメリットだけではなくデメリットもあります。それは、自己破産のようにマイホームなどの個人の財産はなくなることはありませんが、借金返済ができない場合の債務整理の手続きに関しては一番複雑だといえます。
個人版民事再生で借金返済を減額してもらうには、住民票や給料明細の他、様々な書類が必要になってきます。そして、保証人にもこの手続きをすることを話しておく必要があります。ただし、個人版民事再生の手続きをしても個人のプライバシーは守られるので、子供の進学や就職において個人版民事再生の手続きをしたことが影響することは一切ありません。また、会社や近所に知られることもありません。
しかし、個人版民事再生の一番のデメリットは、個人信用機関のブラックリストに載るので、個人版民事再生以後7年間はローンを組んだり、借り入れをすることはできなくなります。こうした部分は、自己破産の申し立て時と同じだと言えます。また、債権者平等の原則に則っているので、一部の債権者にだけきちんと借金返済をするということは出来なくなっていますので、債権者全員に平等に返済する必要があります。この点が任意整理と異なってきます。



スポンサードリンク





M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10