日経225比較・NYダウ・メリット・デメリット

役立つ情報をゲット!!

日経225比較NYダウメリットデメリット


Get useful informationでは、日経225の役立つ情報を紹介しています。
日経225の選び方やサービスなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つ日経225の情報から、ちょっと気になる何気ない日経225の疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOME日経225TOP>日経225比較・NYダウ・メリット・デメリット


日経225比較・NYダウ・メリット・デメリット

日経225先物取引の株式取引とのメリット・デメリットの比較は、次のようになります。
メリット
・株式取引では、最低単位株を購入するだけの資金が必要だが、日経225では、証拠金取引のため少ない資金で1000倍(ミニでは100倍)の大きな取引ができる。
・株式取引では、対称の会社の動向などを調査し選択する必要があるが、日経225では指標の取引のため個別銘柄を選択する必要がない。
・株式のように対象銘柄の倒産のリスクがない。
・信用株式取引の「金利」や「貸株料」がない。
・日経225の相場加工時でも利益を追求できる。
デメリット
・株式同様元本保証はない。
・日経225では、証拠金以上の損失の可能性があり証拠金追加差し入れをしなければならない場合がある。
・日経225は、締め日があるので損失を抱えた建玉でも期日が来たりすると強制決済される場合がある。
・日経225は、取引に加熱が見られた場合規制措置が発動される場合がある。
・日経225は、先物取引で売買が成立しなければ決済できないので糸通りの取引ができない場合もある。

株式と比べてどちらがとは言えませんが、あくまで金融商品であり、ハイリスク・ハイリターンであることを充分に承知しておくべきでしょう。
レバレッジ効果によるハイリターンも期待できますが、同じ効果のハイリスクもあります。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10