株取引金利影響株価

役立つ情報をゲット!!

株取引金利影響株価


Get useful informationでは、株取引の役立つ情報を紹介しています。
株取引の選び方やサービスなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つ株取引の情報から、ちょっと気になる何気ない株取引の疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOME株取引TOP>金利の影響と株価


金利の影響と株価

金利と株価はどのように関係しているのでしょうか。金利と株価について紹介していきますので株取引の参考にしてください。
金利の動きというのはとても株価に影響を与えています。景気が悪くて金利が下がった場合には、銀行に預けている人は利息が少なくなるので利回りが悪くなって資金をもっと儲かる投資の株に投資するといわれています。そのために金利が下がったときには株価が上がるといわれています。そしてもっと金利が下がってしまうと、貯金する意味がなくなるので消費したり投資したりする金額が増えて生産される量も増えることになります。この生産するということはそれだけ労働力も必要になってくるので失業率が下がって景気が回復するという動きになります。金利が下がると住宅ローンも安くなるので家を建てる人も増えてきます。このようなことが原因で株価が上がれば株が上がった利益で儲けた人が、消費をしてもっと景気が良くなってこれがまた株価を上げていくというとてもいい循環になるといわれています。
金利が上がった場合にはでは株価はどうなるのかというと下がってしまいます。それは株に投資をしなくても、リスクのない預金をしているだけでも金利がつくわけですから株取り引きが盛んにならずに株価が下がってしまうのです。株式市場というのはこのように金利の動きがとても影響します。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10