株取引の一般口座と特定口座の違い

役立つ情報をゲット!!

株取引一般口座特定口座違い


Get useful informationでは、株取引の役立つ情報を紹介しています。
株取引の選び方やサービスなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つ株取引の情報から、ちょっと気になる何気ない株取引の疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOME株取引TOP>株取引の一般口座と特定口座の違い


株取引の一般口座と特定口座の違い

株取り引きの際に必要な証券会社の口座開設ですが、ひとつの口座だけと思っている人も多いのではないでしょうか。口座開設を申し込む場合には一般口座にするのか特定口座にするのか選ぶ必要があります。
口座を開こうと思っている方は、株取り引きの口座には一般口座と特定口座があることを覚えておいてください。また、特定口座には源泉徴収ありかなしか選ぶことができるようになっています。
この2つの株の取引口座にはどのような違いがあるのかというと、簡単にいえば税金の支払い方法が違うことになります。
株の一般口座の場合には、場株取引の売買損益を自動的に計算をして確定申告として税金を支払わなくてはいけない口座になります。手続きがありますから税金の特例を適用されますし、確定申告までは資金運用ができるというメリットがあります。
会社員や給与所得者の場合には年間で20万円以下の利益は税金が免除されますから、株の取引での利益が20万円以下だという人の場合には一般口座がいいと思います。
特別口座で源泉徴収がありを選んだ人の場合には、確定申告の手間を省くことができます。しかし、毎回株の売却時に税金が掛かり、年間の株の利益が20万円以下でも一度徴収されてしまった税金はもう還付がないので注意が必要です。
いろいろとデメリットはありますが、株の投資で確定申告をするのが嫌だという人の場合や、利益が20万円以上ある人の場合は特定口座の源泉徴収ありを選ぶのがいいのではないでしょうか。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10