注文住宅の建て方建築方法メリット・デメリット

役立つ情報をゲット!!

注文住宅建て方建築方法メリットデメリット


Get useful informationでは、不動産の役立つ情報を紹介しています。
不動産の選び方やサービスなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つ不動産の情報から、ちょっと気になる何気ない不動産の疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOME不動産TOP>注文住宅の建て方建築方法メリット・デメリット


注文住宅の建て方建築方法メリット・デメリット

注文住宅を建てるためには建て方を確認しておく必要があります。注文住宅と一言で言っても、いろいろな建築方法があります。
まず木造の注文住宅の場合には、メリットとしては窓を大きく取ることができたり、いろいろと自分の好きな間取りに建てることができて注文住宅の中でも設計の自由率が高い建築方法といえます。逆にデメリットとしては手作りの基本のような注文住宅になるわけですが、大工の技術によってその家がいい家なのか長持ちするのかが決まってきます。
そのほか注文住宅の建て方としては、木造2×4の建築方法があります。こちらのメリットはそれぞれが面で構成されることになっていて壁、床、天井でしっかりとして建てられます。柱を使いませんから空間が広く取ることができますので同じ坪数でも部屋が広くなります。デメリットとしては、壁で支えられていることもあって自由に設計できないことがあえいます。
注文住宅といえば鉄骨工法という建て方もあります。こちらは、木造の今までの作り方を軽量鉄骨に代えて建てるという建築方法です。メリットとしては木造よりも柱の間隔が広くなるので広い空間が可能でドーム型の屋根も作ることができます。デメリットとしては軽量鉄骨はさびると10年くらいで厚さが半分になるのでしっかりした業者を選ばないと、傾いたりゆがんだりと大変なことになってしまうというデメリットがあります。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10