クレジットカードデビットカード違い

役立つ情報をゲット!!

クレジットカードとデビットカードの違い


Get useful informationでは、クレジットカードの役立つ情報を紹介しています。
クレジットカードの選び方やサービスなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つクレジットカードの情報から、ちょっと気になるクレジットカードの疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOMEクレジットTOP>クレジットカードとデビットカードの違い


クレジットカードとデビットカードの違い

今の社会は、商品を現金で購入するスタイル一昔前のこといえます。少額の買い物であれば現金を使用することあまり不便ではありませんが、高額な商品を買い物するとなると多くの現金を持ち歩かなくてはならないのでとても不便です。
近年、様々な商品が値上げされインフレ状態にある日本。ますますお金をたくさん持ち歩かなくてはなりません。大きな財布を持ち歩くこと自体とても危険であるといえます。
そんな社会になった影響でしょうか、商品やサービスの支払い方法がますます現金を使わないようになってきました。現金を持ち歩かない社会になるにつれ様々な支払い方法が生まれてきています。
その代表がクレジットカードとデビットカードです。
クレジットカードとは、一旦クレジットカード会社が商品の購入者の代わりに代金を立て替え、決められた時期に一括もしくは分割して購入者が支払う方法になります。
それに対しデビットカードは、クレジットカードと間違えられますが、自分の預金額に応じて商品を購入したその日に引き落とすシステムとなっています。そのため、入会する際もクレジットカードとは異なり審査等も必要ありません。自分の口座に支払える額の預金があれば利用することができます。
クレジットカードの場合は、引き落とされる期日に口座に預金があれば良いため、商品購入時に十分な預金がなくても、給料やボーナス等収入の見込みがあれば商品を購入することが出来るのがメリットです。
一方デビットカードは、預金がある分だけの買い物になりますので無駄な買い物をすることがなく堅実です。クレジットカードとデビットカード。自分のライフスタイルに合わせて使いましょう。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10