自動車の構造

役立つ情報をゲット!!

自動車の構造


Get useful informationでは、自動車保険の役立つ情報を紹介しています。
自動車保険の選び方など、最初の一歩からの自動車保険情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つ自動車保険の情報から、ちょっと気になる何気ないブランドの疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。

HOME自動車保険TOP>自動車の構造


自動車の構造

自動車の安全性は年々向上しています。自動車の構造としては、座席部分は非常に頑丈に作られています。これは、搭乗者を守るためで、この部分はつぶれにくい設計がなされています。
反対に、自動車の前面やトランクの部分は、ちょっとしたことでへこむようになっています。これは車がへこむことで、自動車が衝突した際の衝撃を吸収し、人が乗っている座席部分に衝撃が届かないようにしてあるためです。
自動車がへこまなければ、自動車が衝突したときの大きな衝撃が、そのまま座席に伝わります。大きな衝撃が座席に伝われば、そのまま乗っている人に伝わり、大怪我や最悪死亡することにつながります。
それを避けるため、自動車のボディはへこみやすくできているといってもいいでしょう。言い換えれば、自動車のボディがへこんでくれるからこそ、座席部分にまで衝撃が届かず乗っている人が安全だといえるのです。
座席の部分はしっかりと守られており、周囲に緩衝材などが埋め込まれています。へこんだだけでは吸収しきれない衝撃を、座席部分の緩衝材が吸収します。
昔はワンボックスタイプには、フロント部分に出っ張りはなく鉄板1枚という感じだったのですが、それが安全性を考慮してフロント部分がつくようになっています。
へこみやすい自動車は安全性が高いともいえます。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10