軽自動車歴史

役立つ情報をゲット!!

軽自動車の歴史


Get useful informationでは、自動車保険の役立つ情報を紹介しています。
自動車保険の選び方など、最初の一歩からの自動車保険情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つ自動車保険の情報から、ちょっと気になる何気ないブランドの疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。

HOME自動車保険TOP>軽自動車の歴史


軽自動車の歴史

軽自動車は、日本の自動車の分類のなかでも、もっとも小さい規格にあてはまる自動車です。
一般的に「軽四」と呼ばれ、排気量が660cc以下のものをいいます。
遠出には向きませんが、日常的に利用するには非常に便利なもので、燃費のよさや自動車税の安さなどから、軽自動車に注目が集まっています。
自動車メーカーもこれらの点に注目し、内部の広い軽自動車を開発するなど、力を入れています。
軽自動車の歴史は古く、第二次世界大戦後にさかのぼります。
日本をはじめとする敗戦国を中心に、航空機の余剰部品を材料として作った簡易車両が軽自動車の始まりです。これらの自動車はサイクルカーと呼ばれ、現在ではクラシックカーのコレクターが大切に保存しています。
サイクルカー時代の軽自動車は、運転免許も区別されており、実地試験を受けなくてもよい優遇措置などもありました。
戦後の復興にともない、サイクルカーが姿を消していくなか日本の軽自動車は本格的な自動車としての生き残りに成功します。
今では多くの自動車メーカーが主婦層をターゲットとした軽自動車を開発しています。
また、地球温暖化など環境に対する意識の高まりもあり、軽自動車の分野においては、すさまじい開発競争が繰り広げられています。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10