アルバイト労働時間

役立つ情報をゲット!!

アルバイトの労働時間について


Get useful informationでは、アルバイトの役立つ情報を紹介しています。
アルバイトの選び方や働きなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つアルバイトの情報から、ちょっと気になる何気ないアルバイトの疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOMEアルバイトTOP>アルバイトの労働時間について


アルバイトの労働時間について

労働時間と言われるものは、アルバイトをする時に休憩時間を除外して、原則1日についての労働時間は8時間で、1週間になると週5日間の労働で8時間×5日=40時間となります。さらに40時間を超える労働をさせることは禁止されています。
しかし、仕事の内容や仕事の進み具合によっては、規定以内の40時間では、業務をスムーズに行えないこともあります。その場合には定められた時間を延長しての労働となりますが、この労働が「残業」と呼ばれるものです。
残業はアルバイト労働者に対してのあまり奨励されてはいないのですが、どうしてもやらなけらばならない場合も考えられ、その対策としていろいろな制度が設けられています。
例えば、業務内容によって、忙しい時期とゆとりのある時期の差が大きい場合には、仕事の密度によって、労働時間の振り分けを決めることなどができるのです。しかし、多くの職場がゆとりがある場合には、正社員でやりくりをして忙しくなる繁忙期だけに短期のアルバイトを雇うという形をとって、人件費の削減を行っています。
またアルバイトだけにに限ることではないのですが、年少者については深夜労働も禁止となっています。これは年齢によって2段階に分かれおり、
・15歳未満の児童の場合は、夜20:00〜翌朝5:00
・18歳未満の未成年については、夜22:00〜翌朝5:00
までの時間帯が労働禁止になっています。この規則はアルバイトはもちろんですが、中卒・高卒で正社員となって就職している未成年の人々にも適用されます。
しかしこれについても、たとえば家族だけの個人事業を営んでいるケースなどは、その家の未成年の子供が店番をする場合もあり、アルバイトの深夜労働となって規則違反になるのか、若干の不明確な問題も抱えています。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10