アルバイト料住民税

役立つ情報をゲット!!

アルバイト料と住民税


Get useful informationでは、アルバイトの役立つ情報を紹介しています。
アルバイトの選び方や働きなど、最初の一歩からの情報をわかりやすく発信しています。
身近な生活に役立つアルバイトの情報から、ちょっと気になる何気ないアルバイトの疑問など
掲載していますので興味を持って楽しく見ていただければ幸いです。


HOMEアルバイトTOP>アルバイト料と住民税


アルバイト料と住民税

アルバイトで収入を得た場合に所得税を払わないですむように、年収が103万円以内になるように意識してはいますが、アルバイト料にかかる税金は実は所得税だけではありません。
所得税以外に気をつけておかなければならないのが住民税です。住民税とは、自分の住んでいる自治体に対して、収入に応じた金額で支払う税金のことです。また、この税額は各都道府県、市区町村場などの自治体によって異なってきます。
所得税が年間収入が103万円以内であれば非課税であるのに対して、住民税は100万1円から課税されます。アルバイトの年間収入が100万円以下であれば、所得税・住民税どちらも非課税になりますが、年収が100万1円〜103万円以下の収入の場合は、所得税は非課税になりますが住民税は課税の対象となります。
どちらの税金も103万円以内だと思い込みをして、申告漏れになってしまうケースもありますので、注意しなければなりません。なお、どうしてもわからない場合には税務署に相談してみるとよいでしょう。
納税の時期ですが、住民税については、アルバイトだけに限らず、雇用契約を結んで、仕事を始めた年の翌年6月以降から納める必要があります。
1日労働時間が数時間の学生アルバイトのような勤務状態であれば、年収100万円を超えることはあまり考えられませんが、フルタイムや、複数のアルバイトを掛け持ちしている場合には、収入をきちんと管理して間違いのない申告をして脱税扱いにならないように注意しましょう。






M E N U
生命保険
クレジットカード
アルバイト
ブランド
通販人気商品
自動車保険
障害
豊胸
レーシック
不動産
在宅ワーク
株取引
日経225
中古車
借金返済

リンク集
サイトについて
Copyright (C) Get usefl information. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10