豪華に節約できる無料特別会員入会の紹介。無料会員になれば全国72,000店以上で特別割引サービスが受けられます。
楽しみながら節約できる豪華無料特別会員「セントラル短資FXクラブオフ」入会のご案内

スロヴァキア放送交響楽団

スロヴァキア放送交響楽団:【S席】10,000円⇒5,500円

スロヴァキアで最も歴史のあるスロヴァキア放送交響楽団が13年ぶりに日本にやってくる。

スロヴァキア放送交響楽団は、中欧を代表するオーケストラとして世界中で活動を続け、首都ブラチスラヴァを本拠地とするオーケストラです。

今回の東京公演のプログラムのメインとなるのは、中欧の風土の象徴とも言える作曲家ドヴォルザークの、傑作交響曲第9番「新世界より」と「自然交響曲」の別名を持つ交響曲第8番。
何度聴いてもその新鮮さに驚かされる。
さらに、チャイコフスキーの名作コンチェルトを組み合わせて2つのプログラム、ウィーンゆかりの作曲家シューベルトとベートーヴェンの名作交響曲を並べるという贅沢な内容。

日本を代表するヴァイオリニスト前橋汀子と、成長著しいピアニスト、スタニスラフ・ジェヴィツキという二人の独奏者を迎えて「是非、聴きたい」と唸らせてしまうほど豪華なコンサート。


公演日時・会場
東京オペラシティコンサートホール
10月17日・11月13日・11月21日

横浜みなとみらいホール
10月30日

グリーンホール相模大野
10月31日


指揮:マリオ・コシック
スロヴァキア放送交響楽団の首席指揮者として活躍している。マリオ・コシックは、スロヴァキア国外でも活躍しており、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペイン、ポーランド、チェコ、ロシアなどヨーロッパで数多くの指揮を務めている。現在、スロヴァキア、チェコの音楽界において最も注目を集めている新鋭指揮者のひとりである。


ヴァイオリン:前橋汀子
前橋汀子は、日本を代表する国際的ヴァイオリニスト。これまでにベルリン・フィル、クリーブランド管、メータ、サヴァリッシュ、小澤征爾など世界の一線で活躍するアーティストとの共演を重ねている。
2004年日本芸術院賞受賞。2007年第37回エクソンモービル音楽賞洋楽部門本賞を受賞。現在、大阪音楽大学教授として後進の指導にもあたっている。
使用楽器は1736年製作のデル・ジェス・グァルネリウス。


ピアノ:スタニスラフ・ジェヴィツキ
わずか5歳でリサイタル・デビューしたスタニスラフ・ジェヴィツキは、ショパン・コンクール第2位を受賞したタチアナ・シェバノワを母に、ピアニスト及び指揮者として活躍しているヤロスラフ・ジェヴィツキを父に持つ。


予定プログラム
Aプログラム(10/17,10/31)

グリンカ
「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー
ヴァイオリン協奏曲
<ヴァイオリン:前橋汀子>
ドヴォルザーク
交響曲第9番「新世界より」


Bプログラム(11/13)
スメタナ
「売られた花嫁」序曲
チャイコフスキー
ピアノ協奏曲第1番
<ピアノ:スタニスラフ・ジェヴィツキ>
ドヴォルザーク
交響曲第8番

Cプロ(グラム10/30,11/21)
シューベルト
交響曲第8番「未完成」
ベートーヴェン
交響曲第5番「運命」
ドヴォルザーク
交響曲第9番「新世界より」


杉並公演プログラム(10/25)
グリンカ
「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー
ピアノ協奏曲第1番
<ピアノ:スタニスラフ・ジェヴィツキ>
ドヴォルザーク
交響曲第9番「新世界より」


茅ヶ崎公演プログラム(11/20)
ドヴォルザーク
交響曲第8番
ドヴォルザーク
交響曲第9番「新世界より」



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
スマートフォンってなに?